ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 特集・キャンペーン > 職員採用情報(労働基準監督官/厚生労働事務官)

職員採用情報(労働基準監督官/厚生労働事務官)

労働基準監督官採用試験情報

労働基準監督官採用情報はこちらをご覧ください(厚生労働省HPへリンク)

 

厚生労働事務官採用情報

厚生労働事務官採用情報(九州・沖縄ブロック労働局)

  九州・沖縄ブロック労働局とは

   福岡労働局・佐賀労働局・長崎労働局・熊本労働局・大分労働局・宮崎労働局

   鹿児島労働局・沖縄労働局のすべての労働局を含んだ総称です。

イベント情報

パンフレット

    

     労働局のパンフレットはこちら(24961KB; PDFファイル)

 

      労働局パンフ表紙.jpg

   九州・沖縄ブロック労働局パンフレットはこちら(1616KB; PDFファイル) 

 

試験日程

採用スケジュール

採用はブロックごと

   九州・沖縄ブロックの労働局としての採用となることから、採用後の配属先は九州・沖縄ブロックのいずれかの労働局になります。(官庁訪問・採用面接は九州・沖縄ブロックの各労働局において実施します。) 

 

採用後の配属について

        九州・沖縄ブロックの労働局において次のいずれかの部署に配属されます。

           (1)労働局総務部、職業安定部、雇用均等室

           (2)ハローワーク

           (3)労働基準監督署(庶務関係部署、適用徴収関係部署)

 

転勤について

 採用後は、労働行政を総合的にとらえることのできる能力開発を行い、より広いキャリアを有する職員を育成し、労働行政の総合的なパフォーマンスの向上を図るために、ブロック内労働局間の転勤を行います。

 

 労働局間の異動については、原則として、採用後3年目(長期居住を希望する労働局(定着希望局)に2年間勤務後)と5年目(定着希望局以外に2年間勤務後)及び7年目(定着希望局及び直近に勤務した労働局以外の労働局に2年間勤務後)に行い、その後、定着希望局において勤務していただきます。

 

 また、幹部職員に昇任する際には、原則として、2年程度(1ポスト×2年)他の労働局で勤務した後、定着希望局に戻る形態の勤務を行います。

 

昇任について

   労働局内及びハローワーク、労働基準監督署において、複数の業務分野を経験していただくとともに、ブロック内を中心とした労働局間異動を通じ、労働行政における総合的な専門性を養っていただき、本人の努力と能力によっては、労働局課長(室長)や公共職業安定所長などに昇進していただきます。

 

採用担当者より

  採用となった場合には、主にハローワークで勤務していただくこととなり、窓口で直接お客様と接していただく仕事がメインとなります。

  窓口には、様々なお客様が来られますので、懇切丁寧な対応やお客様のニーズに合ったサービスが必要となります。もちろん苦労もありますが、私どもとお客様との距離が近いことから、とてもやりがいを感じる仕事です。

  また、雇用均等室に配置された場合は、男女雇用機会均等法や育児・介護休業法等の施行機関として、法律の広報、働く人からの相談への対応や事業所への指導等様々な仕事を行います。

  公務員になるからには、本当に国民のために役立ちたいと思っている、やる気あふれる皆さんが労働局に来てくださることを期待しております。

 

お問い合わせ

福岡労働局総務部総務課人事係

TEL:092-411-4741 

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.