ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 福岡労働局について > 福岡労働局からのお知らせ > 不審な電話・請求書・保険料の架空請求・資格案内等にご注意を!
福岡労働局からのお知らせ
不審な電話・請求書・保険料の架空請求・資格案内等にご注意を!

1. 不審電話について
 労働基準監督署・公共職業安定所(ハローワーク)などの行政機関の職員を装って個人情報にかかる調査を電話などで行っているとの情報が寄せられています。
 「労働時間の調査を行っているので、労働者の人数、氏名を教えてほしい。」「若い人を対象に資料を送りたいので、氏名を教えてほしい。」といったものです。
 職員と称して具体的な名前を告げられても、不審な場合は相手の電話番号等を聞いて電話をかけ直して確認するか、訪問を受けた場合、身分証の提示を求める等ご注意下さい。

 

2. 書籍購入代金の請求について
 行政機関との関係がありそうな名称の団体から、書籍購入代金と称していきなり請求書が送付されるといった情報がよせられています。
 国の行政機関が書籍、雑誌等の販売に関与することはありませんのでご注意下さい。

 

3. 労働保険料の架空請求について
 労働基準監督署の職員を装い労働保険料の未納分を徴収しに伺うという電話の情報がよせられております。電話を受けた事業場の方は、請求された金額について不審に思い、「未納保険料の確認できる書類をファックスしてください」と言うとその後何もいってこなかったようです。このように不審な場合は、相手の電話番号等を聞く、金額のわかる書類をファックスさせるなどして、福岡労働局総務部労働保険徴収課(Tel:092-434-9831)までお問い合わせください。訪問を受けた場合は、身分証の提示を求める等ご注意ください。

 

4. 資格案内について
 民間団体などが任意に定めた資格を取得勧誘するチラシやハガキで、あたかもその資格が国家資格であるかのような誤解を招く恐れがあるものが送付されているようです。
 資格取得のための受講案内はいろいろあるようですので、受講を申込む際には、ご自分でよく内容を確認し、納得したうえで行うようご注意下さい。国家資格であるかどうかのお問い合わせは福岡労働局総務部企画室(Tel:092-411-4763)まで連絡をお願いします。

このページのトップに戻る
ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.