ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > セミナー・イベント情報 > 2016年度 > 「STOP!転倒災害 FUKUOKA 総点検運動」の取組について

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

「STOP!転倒災害 FUKUOKA 総点検運動」の取組について

 平成28年における福岡県内の労働災害は、休業4日以上の死傷災害が5,175人で前年の5,083人と比べ、92人(前年比1.8%)の増加になっており、このうち、転倒災害が20.9%を占めています。このように転倒災害は、死傷災害の中でも災害件数が多く、その2割以上を占めることから、厚生労働省では、労働災害防止のための重点的施策の一つとして、平成27年1月から「STOP!転倒災害プロジェクト」を主唱し、各事業場における転倒災害防止対策の展開を図っているところです。

 

 福岡労働局では、昨年、「福岡転倒災害防止 総点検運動」を展開し、本年に入り、転倒災害の発生件数が減少しています。

 しかしながら、転倒災害発生件数は、全体の2割を占めていることから、「STOP!転倒災害プロジェクト」の一環として、「STOP!転倒災害 FUKUOKA 総点検運動」を実施することとしました。

 (取組期間;平成29年6月~平成30年2月)

 

 下記リーフレットによる転倒災害防止のためのチェックシートを活用(毎月1~7日)し、転倒防止に努めましょう。 

 

 

   「STOP!転倒災害 FUKUOKA総点検運動」リーフレット  ← こちらをクリック

 

  STOP! 転倒災害プロジェクト実施要項 ← こちらをクリック

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.