ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > セミナー・イベント情報 > 2016年度 > 「福岡労働局 死亡災害撲滅のための集中的取組」について

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

「福岡労働局 死亡災害撲滅のための集中的取組」について

趣旨

 福岡県下における労働災害による死亡者数について、平成28年は28人(速報値)と過去最少を記録しましたが、平成29年に入り死亡者数が大幅に増加しており、特に製造業、建設業及び陸上貨物運送業では、増加が著しく極めて憂慮すべき状況です。そのため、第12次労働災害防止計画(平成25~29年度)において、期間中5か年の死亡者総数を15%以上減少させるという目標達成のためには、死亡者数の約3割を占める交通労働災害防止対策と相まって、死亡者数が著しく増加している業種を対象とした相当の取組が必要です。

 このような状況を踏まえ、製造業、建設業及び陸上貨物運送事業を重点対象として、死亡災害の増加に歯止めをかけ、安全で安心して働ける社会の実現に向けて、死亡災害撲滅のための集中的取組を実施します。 

 

1 実 施 要 綱 ← コチラをクリック

 

2 緊急安全点検チェックシート(製造業) ← コチラをクリック

 

3 緊急安全点検チェックシート(建設業) ← コチラをクリック 

 

4 緊急安全点検チェックシート(陸上貨物運送事業) ← コチラをクリック 

 

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.