ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > セミナー・イベント情報 > 2016年度 > 働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動

~小売業・社会福祉施設・飲食店の労働災害の減少に向けて~
趣旨

第三次産業における労働災害の占める割合が年々増加する中、平成25年度から平成29年度を計画期間とする第12次労働災害防止計画において、第三次産業の中で労働災害発生件数の多い小売業、社会福祉施設及び飲食店を重点業種として、平成29年の休業4日以上の労働災害件数を平成24年に比してそれぞれ、20%、10%、20%以上減少させることを目標としているところですが、県内の平成2812月末速報値を見ますと、小売業、社会福祉施設はそれぞれ12.4%、4.0%増加しており、飲食店は減少しているものの8.0%の減少に止まり、目標の達成は、今後相当の努力をしなければ極めて困難な状況となっています。

これらの業種の労働災害発生状況を見ると、複数の店舗、施設を展開する企業・法人傘下の事業場での災害も多く見られており、また、店舗や施設の安全衛生の取組を見ると安全衛生担当者がいないなど体制が脆弱であることから、本社・本部主導による企業・法人全体の効果的な取組として水平展開することが有効です。

 このため、厚生労働省では、中央労働災害防止協会とともに、第12次労働災害防止計画の最終年度に向け、「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を主唱し、経営トップの参画の下、本社・本部主導による自主的安全衛生活動の推進を図ることとしました。

 つきましては、事業者のみなさまにおかれましても、安心して働ける安全に職場環境の実現に向けて、本推進運動に取り組んでいただきますようお願いします。

 

 働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動パンフレット ← コチラをクリック

 

特設サイトのお知らせ

 厚生労働省ホームページに「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」特設サイトを開設し、労働災害統計、取組事例、各種セミナー等の情報を掲載していますので、ご活用ください。 

 

 http://anzeninfo.mhlw.go.jp/information/sanjisangyo.html ← コチラをクリック

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.