ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 職業・雇用対策関係 > 法令・制度 > 公正な採用選考・公正採用選考人権啓発推進員について
職業対策課
公正な採用選考

 福岡労働局では、就職の機会均等を確保するために、応募者の基本的人権を尊重した 「公正な採用選考」を実施するよう事業主の皆様方に御協力と御努力をお願いしています。 事業主の皆様方におかれましては、「公正な採用選考」の実施に向けて積極的な取組をお願いします。
 なお、福岡労働局では、各種啓発冊子を作成し、事業主の皆様に配布しておりますので、 詳しくは最寄のハローワークに問い合わせていただきますようお願いします。

《参考》「公正な採用選考のために」

公正採用選考人権啓発推進員について

1 目的

 職業安定行政の課題である国民の職業選択の自由、就職の機会均等を確保し、雇用の促進を図るためには、雇用主が同和問題などの人権問題についての正しい理解と認識のもとに、公正な採用選考を行うことが重要です。このため、一定規模以上の事業所を中心に公正採用選考人権啓発推進員(以下「推進員」という。)の設置を図り、推進員に対して計画的・継続的な研修等を行うことにより、当該事業所における公正な採用選考システムの確立のため必要な知識、理解及び認識を深めることを目的としています。

2 推進員の役割など

 推進員は、原則として人事担当責任者等採用・選考に関する事項について相当の権限を有する者から選任していただくものであり、国民の就職の機会均等を確保するという視点にたって、次の事項について中心的な役割をはたしていただくものです。

(1) 公正な採用選考システムの確立を図ること。
(2) 職業安定行政との連携に関すること。
(3) その他当該事業所において必要とする対策の樹立及び推進に関すること。

 また、推進員に対しては、福岡労働局及び公共職業安定所において、その役割を果たすために必要な研修等を実施しており、また、必要に応じて関係行政機関等の協力を要請することとしています。

3 推進員設置対象事業所

 福岡労働局においては、常時使用する従業員が30人(※1)規模以上の事業所等にはすべて設置をお願いしているものです。

※1  厚生労働省の基準では100人以上としていますが、地域の実情に応じて更にきめ細かく人数規模要件を定めている都道府県もあります。

4 推進員の選任

 推進員を選任した場合には、「公正採用選考人権啓発推進員選任・異動報告書」(※2)にご記入の上、管轄の公共職業安定所(※3)へ報告していただくようお願いします。

※2  様式のダウンロード
※3  安定所の所在地・地図を参照してください。

 (注)推進員制度の詳細については、福岡労働局職業安定部職業対策課又は公共職業安定所(公正採用選考担当部門)にお問い合わせください。

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.