各種法令・制度・手続き
有期雇用労働者等に関する特別措置法が施行されます(労働契約法・無期転換ルールの特例)

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

監督課
労働条件 Q&A
労働時間、休日、休憩時間編
Q1:  現在の法定労働時間は、何時間ですか?
A1:  原則として、休憩時間を除いて、1日8時間、1週40時間以下となっております(労働基準法第32条)。ただし、労働者数10人未満の商業、映画・演劇業、保健衛生業及び接客娯楽業(特例対象事業)は、1週44時間以下となっております(労働基準法第40条)。

Q2:  現在、所定労働時間の見直しを考えている会社経営者ですが、1日の所定労働時間を8時間20分とすることはできますか?
A2:  「変形労働時間制」を採用すれば可能です。変形労働時間制には、
(1) 1ヶ月単位の変形労働時間制(労働基準法第32条の2)
(2) 1年単位の変形労働時間制(労働基準法第32条の4)
(3) 1週間単位の非定型的変形労働時間制(労働基準法第32条の5)
があります。「変形労働時間制」とは、簡単に説明しますと、勤務日・勤務時間を特定すること等によって、変形期間を通じ平均して1週の労働時間を法定労働時間以下にする制度です。

Q3:  私の会社では「フレックスタイム制」も視野に入れた労働時間の見直しを考えています。そこでフレックスタイム制について教えて下さい。
A3:  フレックスタイム制とは、1ヶ月以内の一定の期間の総労働時間を定め、労働者にその範囲内で各日の始業及び終業の時刻を委ねて働く制度です。
 フレックスタイム制を採用する場合は、就業規則その他これに準ずるものに一定の定めを設けるとともに、書面により労使協定を締結しなければなりません。
 協定する項目は、次のとおりです((5)、(6)は設定する場合に限ります)。
(1)対象となる労働者の範囲
(2)清算期間
(3)清算期間における総労働時間
(4)標準となる1日の労働時間
(5)コアタイム
(6)フレキシブルタイム
(労働基準法第32条の3)

Q4:  「休日」は、最低何日与える必要がありますか?
A4:  毎週少なくとも1回、または4週間で4日以上与えることが必要です。(労働基準法第35条)

Q5:  「休日」とは、継続24時間の休息と考えてよろしいですか?
A5:  労働基準法上、労働者に与えなければならない「休日」とは、原則として「暦日」単位であり、午前0時から午後12時までの24時間を言います。午前0時から午後12時までの間に勤務しない場合が休日であり、所定休日とされている場合でも、前日の労働が延長されて午前0時を超えた場合などは、休日を与えたことにはなりません。但し、番方編成による交代制勤務の場合には、例外的に継続24時間をもって休日と認められる場合があります。(労働基準法第35条)

Q6:  「休憩時間」は、最低何分与える必要がありますか?
A6:  労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、労働時間が8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を労働時間の途中に与えることが必要です。(労働基準法第34条)

Q7:  休憩時間は、従業員に一斉に与える必要があると聞いたことがありますが、現在でもそうなっているのでしょうか?
A7:  休憩は、全従業員に一斉に付与することが原則ですが、労使協定を締結すること(運輸交通業、商業、保健衛生業、接客娯楽業等の特定の業種については不要です。)により、一斉付与は適用除外となります。(労働基準法第34条)

Q8:  「1ヶ月単位の変形労働時間制」を採用するための要件を教えてください。
A8:  1ヶ月単位の変形労働時間制を採用するには、就業規則・就業規則に準じるもの(規模10人未満の事業場に限る)・労使協定のいずれかにおいて、(1)変形期間と各変形期間の起算日、(2)対象となる労働者の範囲、(3)変形期間中の各日、各週の所定労働時間を定める必要があり、労働者への周知も義務づけられています。また、労使協定の場合、有効期間の定めも必要です。そして、労使協定は、様式第3号の2に記載して所轄労働基準監督署長に届出を行う必要があります。
 なお、規模10人以上の事業場であれば、労働時間に関する事項に変更があった場合は、就業規則変更届が必要となることにも注意してください。(労働基準法第32条の2)

Q9:  当社は、1日8時間、年間休日110日となっていますので、1年を平均すると週40時間制をクリアーしていると考えていますが、何か手続きが必要ですか?
A9:  ご質問にもあるとおり、実態としては1年単位の変形労働時間制により週40時間制を達成されていると思われますが、1年単位の変形労働時間制を採用するためには、労使協定により、(1)対象労働者の範囲、(2)対象期間、(3)特定期間、(4)対象期間における労働日及び労働日ごとの労働時間、(5)有効期間について定めをし、この内容を様式第4号に記載して所轄労働基準監督署長に届出を行う必要があります。(労働基準法第32条の4)
  リーフレット「1年単位の変形労働時間制」

Q10:  「1年単位の変形労働時間制」で、業務の繁忙期に長めの所定労働時間を組みたいのですが、注意すべき点を教えてください。
A10:  1年単位の変形労働時間制における所定労働時間には、原則として1日10時間、1週52時間という限度時間が定められています。但し、対象期間が3箇月を超える場合は、次の要件を満たす必要があります。
(1) 週48時間を超える所定労働時間を設定した週は連続3週以内であること。
(2) 対象期間を起算日から3箇月毎に区切った各期間に、週48時間を超える所定労働時間を設定した週の初日の数が3以内であること。
(労働基準法第32条の4)

Q11:  「1年単位の変形労働時間制」による労働日数の限度は何日ですか。また、最大何日まで連続して労働させても良いのですか?
A11:  対象期間内の労働日数の限度は、原則として1年当たり280日です。また、対象期間に連続して労働させることができる日数は6日間で、労使協定で定めた特定期間においては1週間に1日の休日が確保できる日数となっています。(労働基準法第32条の4)

Q12:  「1年単位の変形労働時間制」でも休日の振替を行うことはできますか?
A12:  業務の繁閑等を理由として休日振替を頻繁に行わなければならない場合は、1年単位の変形労働時間制を採用できません。労働日の特定時に予期しない事情が生じ、やむを得ず休日の振替を行う場合には、
(1) 就業規則で休日の振替がある旨規程を設け、あらかじめ休日を振り替えるべき日を特定して振り替えること
(2) 対象期間(特定期間を除く)において、連続労働日数が6日以内となること
(3) 特定期間においては、1週間に1日の休日が確保できる範囲内にあること
が必要です。また、例えば、同一週内で休日をあらかじめ8時間を超えて労働を行わせることとして特定していた日と振り替えた場合については、当初の休日は労働日として特定されていなかったものであり、労働基準法第32条の4第1項に照らし、当該日に8時間を超える労働を行わせることとなった場合には、その超える時間については時間外労働とすることが必要です。

Q13:  「フレックスタイム制」の対象者の範囲に制限はありますか?
A13:  協定に際して、対象となる労働者の範囲が明確に定められていれば、特に問題ありませんが、18歳未満の年少者については適用できません。対象労働者の範囲は、各事業場で任意に決定することが可能です。

Q14:  「フレックスタイム制」で働く者のフレキシブルタイム中に労働時間を指定して出張させたり、会議に出席させたりすることはできますか?
A14:  フレックスタイム制は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業・終業時刻をその労働者の決定に委ねることを規定することにより、労働者が各日の始業・終業時刻を自由に選択して勤務することができる制度です。したがって、使用者は、労使協定で定めたコアタイムを除き、労働者の各日の具体的な勤務時間を指定することはできません。ご質問の場合は、労働者の同意を得て労働者の自発的意思により勤務してもらうことしかありません。


(参 考)  労働管理の手引き (労働時間・休憩・休日)
       リーフレット「1年単位の変形労働時間制」
このページのトップに戻る
ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.