高気圧作業安全衛生規則の改正

平成27年4月1日から改正高圧則が施行されます ~

 

   改正された高気圧作業安全衛生規則(※)が平成27年4月1日から施行されます。今回の改正は、技術の進展などにより、酸素、窒素、ヘリウムを含む混合ガスが呼吸用ガスとして実用化され、現行の規定の上限よりも高い圧力下での作業が可能となっていることなどを踏まえたものです。主な変更点は以下のとおりです。

  • 作業計画の作成に関する措置
  • 呼吸用ガス分圧の使用制限
  • 酸素ばく露量の制限
  • 減圧停止時間に関する規制の見直し

 

 「高気圧作業安全衛生規則」(高圧則)は、地中や水中のトンネル工事や潜水業務など大気圧を超える気圧下での労働災害を防止するための特別規則です。

 

改正高圧則.gif
 改正高圧則に関する情報をお探しの皆様へ

○ リーフレットはこちら

○ 施行通達等高気圧障害予防対策関係の情報はこちら 

○ その他の資料

  • 高気圧作業安全衛生規則の一部を改正する省令案概要こちら  【H26.3.25 厚生労働省公表資料】
  • 高気圧作業安全衛生規則改正検討会報告書はこちら  
 労働衛生(健康確保)対策に関する情報をお探しの皆様へ

○ 労働衛生関係のページはこちら

○ 労働衛生(健康確保)関係の「注目情報」はこちら 

ページトップへ

福岡労働局 〒812-0013  福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎
新館4~6F、本館1F

Copyright(c)2000-2014 Fukuoka Labor Bureau.All rights reserved.